ビックカメラグループ
ラクウルソング配信中

  

TOSHIBA(東芝) 有機ELテレビ REGZA(レグザ) 65X9400S [65V型 /4K対応 /BS・CS 4Kチューナー内蔵 /YouTube対応]

買取金額

(税込)

発売日

2021/04/30

買取金額

(税込)

  • ※集荷可能なアイテムは、梱包された状態で、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内です。
  • ※表示金額は目安であり、買取代金を保証するものではありません。買取代金は商品状態など査定の結果で決定されます。

仕様詳細

商品名 有機ELテレビ REGZA(レグザ) 65X9400S [65V型 /4K対応 /BS・CS 4Kチューナー内蔵 /YouTube対応]
型番 65X9400S
メーカー TOSHIBA(東芝)
商品番号 103353276
JANコード 4580652111645
 

スペック情報

本体サイズ(幅×高さ×奥行)mm 1449×864×69㎜
スタンド含む本体サイズ(幅×高さ×奥行)mm 1449×862×296㎜
本体重量(kg) 31.9kg
スタンド含む重量(kg) 46.0kg
画面サイズ 65V型
入力端子 HDMI入力×7/ビデオ入力(映像×1、音声×1[L・R])/HDMIアナログ音声入力×1
出力端子 音声出力×1/光デジタル音声出力×1/同軸デジタル音声出力×1/外部スピーカー出力端子×1/ヘッドホン×1
LAN 有線・無線
BS 8Kチューナー 0
BS 4K・110度CS 4Kチューナー 2
地上デジタルチューナー 9
BS・CSデジタルチューナー 3
Netflix対応 対応
Hulu対応 対応
Amazon Prime Video対応 対応
U-NEXT対応 対応
DAZN対応 対応
Tver対応 非対応
dアニメ対応 非対応
Disney+対応 非対応
スカパー!プレミアム 非対応
ハイブリッドキャスト 対応
3D 3D非対応
2画面機能 対応
消費電力 517W
年間電気代目安 約6480円
年間消費電力量 240kWh/年
パネル 4K有機EL
DOLBY VISION 対応
DOLBY ATMOS 非対応
リフレッシュレート 有 4K OLED クリアダイレクトモーション

商品について

揺るぎない黒と
ありのまま描く人肌が

映像美の新たな世界を切り開く。
タイムシフトマシン搭載 有機E L レグザ
映像、音響、録画機能、ネット動画。
すべてのスペックは驚きと感動のために。
たたずまいさえも美しい、レグザのフラッグシップモデル


◆ナチュラル美肌トーン
リアルタイムに人肌を検出し、立体感や質感を向上させることで、きめ細かな肌の質感まで再現し、リアルで美しい表情を映し出します。

◆地デジAIビューティPR II
超解像技術で精細感を復元し、ノイズを低減した上で、クラウド上に構築された番組ごとのパラメーターを利用し*、さまざまな番組でさらなる高画質を実現しています。
*)本機能のご利用にはインターネットへの接続が必要です。

◆ネット動画ビューティPRO II
さまざまなネット動画を、配信サービスごとの画質特性や、圧縮方式、解像度などにあわせ適切なパラメーターで高画質化。さらにネット動画にもナチュラル美肌トーンを適用することで、人肌も美しく再現します。

◆見たい番組が「あとで」見られる、見逃した番組が「これから」見られるタイムシフトマシン
過去番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した試合も、録り忘れたドラマも楽しめる。タイムシフトマシンが録画予約不要で、自由な視聴スタイルを実現します。
※タイムシフトマシン機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

◆レグザパワーオーディオX-PRO II
合計出力142Wのマルチアンプで、10個のスピーカーをドライブするレグザパワーオーディオX-PRO IIを搭載。正面、後方それぞれに向かう独自のスピーカーの配置と高遮断クロスオーバーフィルターにより、画面から直接音が出ているような、リアルで立体感のある音場を実現します。
※48X9400Sは合計出力72W、バズーカユニットとトップツィーターを除くフロント6スピーカーシステムでクリアなサウンドを実現した「レグザパワーオーディオXD」を採用。
東芝の有機ELテレビは今回、段突に肌色再現が向上した。これまではやや緑が強い部分があったが、肌色再現に特化した画質機能「ナチュラル美肌トーン」が大いに効いた。
人の視覚感覚では肌色は「記憶色」として、脳裏に深く刻まれている。だから、不自然な肌色やノイズを感知すると、その瑕疵がよけいに気になる。今回は入力した信号から、肌色部分をリアルタイム検出し、不自然な色合い(肌色なのに緑が強い)、階調の問題(暗い部分が反転する)などを見つけたら、肌色はこうあるべきと修正する。
画質を正す「クラウドAI」も有用だ。ハードディスクに録画した、もしくはオンエア中の放送番組の画質問題をクラウドからの指令で直す。地デジ・民放には、黒が沈み過ぎる、色味が赤過ぎる……という不自然な画質番組がある。それを正しくネット経由で調整してくれるのである。
「自動」というのが気が利いている。いくら豊富にメニューを用意しても、その都度、イコライジングするのは結構、面倒だ。それならばテレビ自身が入力信号を分析し、最適な処理を加えてくれるなら、ユーザーとしては手間いらずだ。
画質も機能も刮目の有機ELである。

スマホからもらくらくかんたん買取。
ラクウル公式アプリ

ラクウル公式アプリいますぐアプリをダウンロード