申し込み

いますぐ買取申込

  

DENON(デノン) ホームシアター (サウンドバー) ブラック DHT-S216K [フロント・バー /Bluetooth対応]

買取金額

(税込)

発売日

2019/12/10

買取金額

(税込)

買取お取扱い窓口
  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • ※集荷可能なアイテムは、梱包された状態で、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内です。
  • ※表示金額は目安であり、買取代金を保証するものではありません。買取代金は商品状態など査定の結果で決定されます。

仕様詳細

商品名 ホームシアター (サウンドバー) ブラック DHT-S216K [フロント・バー /Bluetooth対応]
型番 DHTS216K
メーカー DENON(デノン)
商品番号 102264439
JANコード 4951035071670
ブラック

スペック情報

入出力端子 HDMI/光デジタル/アナログAUX/サブウーハープリアウト
本体サイズ(H×W×D) 66×890×120
消費電力 40W(スタンバイ時:0.45W)
付属品 かんたんスタートガイド、リモコン、単4 形乾電池、HDMI ケーブル、光デジタルケーブル、電源コード、壁掛け用スペーサー×2、壁掛け用テンプレート
ARC ARC対応
Bluetooth Bluetooth対応
スピーカー構造 2.1ch(内蔵サブウーファー)
スピーカーユニット 6
DTS:X 非対応
その他対応フォーマット Dolby Digital、DTS、AAC、リニア PCM
BluetoothVersion Ver.4.2
Bluetoothクラス Class2
Bluetooth対応プロファイル A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)1.3 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)1.6
Bluetooth対応コーデック SBC
本体重量 3.5kg
仕様1 25mm ツイーター×2、45mm×90mm 楕円形ミッドレンジ×2、75mm サブウーハー ×2、

商品について

DTS Virtual:X & Bluetooth 対応サブウーハー内蔵サウンドバー
DTS Virtual:X 対応の2.1ch フロントサラウンドシステム
Hi-Fi コンポーネントに通ずるデノンサウンド
原音をストレートに再生するPure モード
選べる3 つのサウンドモード(Music / Movie / Night)
人の声を強調して聞き取りやすくするダイアログエンハンサー
2 基の75 mm サブウーハーで迫力の重低音を再生
HDMI 1 入力/ 1 出力(ARC / CEC 対応)
4K / 60p / HDCP 2.2 のパススルーに対応
Dolby Digital、DTS、AAC に対応
光デジタル入力、アナログAUX 入力装備
Bluetooth 対応でスマートフォンの音楽も楽しめる
テレビの前に設置しやすいスリムデザイン(高さ66mm)。壁掛けにも対応


繊細にして明快な音。オーディオファン向けのサウンドバー

テレビの薄型化が進み、内蔵スピーカーでは音が不足しがちなことから人気のサウンドバー。多機能化も進む中、DHT-S216はエントリーモデルながら音に徹した製品である。

DENONのサウンドマネージャーである山内慎一氏が、最終的な音質調整を担当。つまり、ハイエンドオーディオ同等の念入りな音検証されているとも解釈できる。

実際の音は、繊細にして明快。アコースティックギターはアルペジオの一音一音がくっきり描かれ、倍音成分も心地よく伸びる。細かく刻まれるハイハットもメリハリよく、音の消え際はすっきり収束する。ボーカルの定位が明瞭で、テレビ画面中央に口もとが浮かぶ。ステレオ再生を真摯に追求したから為せる技だ。

YouTubeで音楽PVを見ると予想以上に楽しく、スマホやPCで見る時と比べると迫力は雲泥の差だ。UHD BD再生ではバー型とは思えない低域の量感と瞬発力を体感でき、バーチャルサラウンドも、バーチャライズの前段でデコードした音声を再構築する独自処理の効果で葉の落ちてゆく様もしっかり描かれる。

これからホームシアターに挑戦したい方はもちろん、音に一家言ある方にもお勧めできる一台だ。

文:海上 忍

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

 このサウンドバーは、もはや普通のサウンドバーではない。稀有なハイファイサウンドバーなのだ。
「ピュアモード」(サラウンド処理などをバイパス)で聴くと、文字通りピュアな音が堪能できる。ビックカメラ有楽町店での本サウンドバーのイベントでお客さんが盛りあがったのは、「なんていい音なんだろう。こんなサウンドバー、聴いたことがない!」だ。まるでハイファイアンプにてハイファイスピーカーを聴いているようだ。
普段はハイエンド機器を手掛けるサウンドマネージャーによる音作りが、「正統的で、バランスが好適な、音楽がストレスなく楽しめる音」に結実したのだろう。ナレーションやサウンドイフェクトなどのテレビの音も、素直だ。

スマホからもらくらくかんたん買取。
ラクウル公式アプリ

ラクウル公式アプリいますぐアプリをダウンロード

  • appストアー
  • google playストアー