申し込み

いますぐ買取申込

  

RICOH(リコー) 360°カメラ RICOH THETA m15 BL ブルー [フルハイビジョン対応]

買取金額

(税込)

発売日

2014/11/01

買取金額

(税込)

買取お取扱い窓口
  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • ※集荷可能なアイテムは、梱包された状態で、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内です。
  • ※表示金額は目安であり、買取代金を保証するものではありません。買取代金は商品状態など査定の結果で決定されます。

仕様詳細

商品名 360°カメラ RICOH THETA m15 BL ブルー [フルハイビジョン対応]
型番 RICOHTHETAM15BL
メーカー RICOH(リコー)
商品番号 005013018
JANコード 4961311897924
ブルー

スペック情報

本体サイズ(H×W×D) mm 約129×42×22.8mm(17.4mm※レンズ部を除く)
本体重量 約95g
総画素数 約14M
デジカメ機能 【静止画撮影モード】オート、シャッター優先、ISO優先
インターフェース 【外部インターフェース】microUSB:USB2.0
液晶モニターサイズ
バッテリー持続時間 【電池寿命】約200枚(※撮影可能枚数はメーカー測定方法(無線ON状態にて30秒毎に1枚撮影しスマートフォンに転送)による目安であり、使用条件により変わります。)
記録メディア 【記録媒体】内蔵メモリー:約4GB 記録可能枚数:静止画約1200枚 録画可能時間:動画(1回の記録時間)最大3分、 動画(合計記録時間)約40分(※内部温度上昇時は自動終了します。)(※枚数および時間はあくまでも目安です。撮影状況により異なります。)
対応バッテリー リチウムイオンバッテリー(内蔵)(※付属のUSBケーブルでパソコンに接続して、充電してください。)
付属品 専用ケース、充電用USBケーブル
仕様1 画像ファイル形式 静止画: JPEG(Exif Ver2.3) DCF2.0準拠、動画: MOV(映像: MPEG-4 AVC/H.264、音声: LinearPCM)

商品について

撮影者を取り囲む全天球イメージを1ショットで撮影できる画像インプットデバイス「RICOH THETA(リコー・シータ)」をモデルチェンジし
新たに動画撮影が可能になりました。
撮影者を取り囲む全天球イメージを1ショットで撮影できる画像インプットデバイス「RICOH THETA(リコー・シータ)」をモデルチェンジし、新たに動画撮影が可能になりました。

ワンショットで全天球イメージの撮影が可能
1回シャッターを切るだけで、撮影者を取り囲む全天球のイメージを簡単に撮影することができます。Wi-Fiを通じてスマートフォンに転送した画像は、専用の無償アプリにより指先でサイズや形、構図を変えて楽しむことができます。また、Wi-Fi接続したスマートフォンで、撮影や各種の設定をおこなうことも可能です。
撮影した全天球イメージは、専用ウェブサイトtheta360.comにアップして、FacebookやTwitter、TumblrなどのSNSや、マイクロソフトが提供するPhotosynthで共有することができます。また、GoogleマップやGoogle+ へ全天球イメージを投稿することが可能です。

全天球動画撮影に対応
新規部品の採用や動画対応制御プログラムの開発により、新たに最大3分間(合成後)の全天球動画の撮影を可能にしています。撮影後にPCに取り込んだ動画を、専用アプリ内の動画変換ツール※1により変換処理することで、つなぎ目のない全天球動画の作成が簡単におこなえます。作成した全天球動画は、通常の静止画像と同様に指先で画像のサイズや形、構図を変えて楽しむことができます。
専用ウェブサイトtheta360.comに作成した動画をアップして、通常の全天球イメージと同様に各種SNSで共有することが可能です(theta360.comにアップできる動画は、データ容量5MBまでです)。
※動画を閲覧するにはパソコン用アプリケーションを利用して、撮影したセパレート動画の変換が必要です。
※動画変換性能はご使用のPC環境(OpenGL技術)によって異なります。詳細はtheta360.comをご参照ください。

通信速度の高速化
Wi-Fiによる転送速度を、最大で約2倍(従来比)に高速化しています。連続撮影後の全天球イメージ転送を快適におこなうことができます。

4色から選べるカラーバリエーション
ボディカラーは、従来からあるホワイトに加えて、新たにピンク、イエロー、ブルーのカラーバリエーション。全4色からお好みに合わせてお選びいただけます。

専用アプリの開発やアレンジが可能
専用ウェブサイトtheta360.comで、API(Application Programming Interface)の公開ならびにSDK(Software Development Kit)(ベータ版)の提供を開始いたします。専用アプリを、目的に応じてユーザーの方々自身で開発していただくことが可能になり、「RICOH THETA」本体のさまざまな機能設定や操作を独自にアレンジして楽しめるオリジナルアプリの作成が可能です(11月14日公開予定)。

スマホからもらくらくかんたん買取。
ラクウル公式アプリ

ラクウル公式アプリいますぐアプリをダウンロード

  • appストアー
  • google playストアー