いますぐ買取申込

  

HIGHPOINT NVMe RAIDコントローラー SSD6204

買取金額

(税込)

発売日

2021/04/20

買取金額

(税込)

買取お取扱い窓口
  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • ※集荷可能なアイテムは、梱包された状態で、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内です。
  • ※表示金額は目安であり、買取代金を保証するものではありません。買取代金は商品状態など査定の結果で決定されます。

仕様詳細

商品名 NVMe RAIDコントローラー SSD6204
型番 SSD6204
メーカー HIGHPOINT
商品番号 103360798
JANコード 0643653620418
ブラック

スペック情報

仕様1 [バスインターフェース]PCI-Express 3.0 x8
[データ転送レート]8GT/ 8Gbps per lane
[搭載デバイス数(対応サイズ)]M.2 NVMe SSD x4(2242/2260/2280/22110)
[RAID レベル]RAID 0、RAID 1、JBOD
[規格]フルハイト
[製品サイズ / 重量](L)195mm x (H)111mm x (D)18.5mm / 599g
仕様2 [サポート OS]Windows 10 / Windows Server 2016 or later / Linux Kernel 3.10 or later / Microsoft Hyper-V / VMware / Proxmox
[冷却システム]ヒートシンク(ファンレス)
[ストレージモード]データ
[パッケージ内容]カード本体 / 簡易マニュアル

商品について

SSD6200シリーズは
産業用ワークステーションやサーバーアプリケーションに求められる厳しいワークフローやストレージ性能に対応するように設計されたNVMe RAIDコントローラーです。「SSD6204」はフルハイト・4ポートで
各種OSにネイティブに対応しており
ドライバーなしで自動的にシングルボリュームとして認識されます。
SSD6200シリーズは、産業用ワークステーションやサーバーアプリケーションに求められる厳しいワークフローやストレージ性能に対応するように設計されたNVMe RAIDコントローラーです。「SSD6204」はフルハイト・4ポートで、各種OSにネイティブに対応しており、ドライバーなしで自動的にシングルボリュームとして認識されます。また基板上のディップスイッチを設定するだけで3種類のRAIDモード(RAID 0, RAID 1, JBOD)のいずれかを設定でき、インターフェースやアプリケーションを必要とせず、お使いの目的に適したRAIDシステムをお選びいただけます。SSD6200シリーズ は、産業用ワークステーションやサーバーアプリケーションに求められる厳しいワークフローやストレージ性能に対応するように設計されています。堅牢なデザインとコンパクトなフォームファクターは、カスタムメイドのシャーシや厳しい作業環境に最適です。

■ドライバー不要のプラグ&プレイインストール
SSD6200シリーズは、ソリューション・プロバイダーが、幅広いアプリケーションやハードウェア環境に対応した、構成済みのプラグ・アンド・プレイ、ブータブルNVMeストレージ・ドライブを導入することを可能にします。ほとんどの最新OSがSSD6200ベースのソリューションをネイティブにサポートしており、デバイスドライバーのインストール、複雑な管理インターフェース、ソフトウェアのアップデートが不要です。さらにSSD6200シリーズのコントローラーは内部のドライブベイを必要とせず、各コントローラーが直接M.2 SSDを搭載しているため、ターゲットとなるホストプラットフォームの内部ドライブベイを解放して、ストレージを追加拡張することができます。

■幅広いM.2 SSDに対応
SSD6200シリーズは2242 / 2260 / 2280の各サイズに対応しています。

■複数のRAIDをサポート。RAIDモードは基板上のディップスイッチで設定
各コントローラーには2つのハードウェアスイッチがあり、3つのRAIDモード(RAID 0、RAID 1、JBOD)のいずれかを設定することができます。
・RAID 0
「ストライプ」アレイとしても知られているこのモードは、最大のパフォーマンスとストレージ容量を必要とするアプリケーションに最適です。
RAID 0 アレイには、最低 2 台の NVMe SSD が必要です。4ポートのSSDS6200コントローラーは、2台の2ディスクRAID 0アレイ、
または1台の大規模な4ディスク構成をサポートすることができます。

・RAID 1
このモードは、ターゲットSSDの隠れた複製を作成します。
構成には2台のNVMe SSDが必要です。RAID 1は、ディスク障害時のダウンタイムのリスクを大幅に軽減するため、ブータブル構成に最適です。
4ポートのSSD6200コントローラーは、デュアルRAID 1アレイをサポートすることができます。
RAID 1は、ブートボリュームに追加のデータセキュリティレイヤーを必要とするお客様に最適です。

・JBOD
RAID0/1は同容量のNVMe SSDを用意する必要がありますが、JBODでは容量の違うNVMe SSDを1つのドライブとして使用できます。
高速なデータ転送はできませんが、お持ちのSSDの容量を最大限活用できます。

スマホからもらくらくかんたん買取。
ラクウル公式アプリ

ラクウル公式アプリいますぐアプリをダウンロード