申し込み

いますぐ買取申込

  

SONY(ソニー) ホームシアター (サウンドバー) HT-CT380 [2.1ch /Bluetooth対応]

買取金額

(税込)

発売日

2015/05/23

買取金額

(税込)

買取お取扱い窓口
  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • ※集荷可能なアイテムは、梱包された状態で、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内です。
  • ※表示金額は目安であり、買取代金を保証するものではありません。買取代金は商品状態など査定の結果で決定されます。

仕様詳細

商品名 ホームシアター (サウンドバー) HT-CT380 [2.1ch /Bluetooth対応]
型番 HTCT380
メーカー SONY(ソニー)
商品番号 005014804
JANコード 4905524991734
ブラック

スペック情報

入出力端子 入力:HDMI 入力×3、TV( デジタル入力 )、アナログ入力、出力:HDMI 出力(ARC)
本体サイズ(H×W×D) 51×900×117
その他サイズ 1(H×W×D) 【サブウーファー】約170×342×381mm
消費電力 【バースピーカー】動作時:約37W、待機時:約0.5W以下
【サブウーファー】動作時:約20W、待機時:約0.5W以下
付属品 ワイヤレスリモコン(RMT-AH101J)、光デジタル音声コード(1.5m)、単4形乾電池×2、壁掛け用ブラケット×2、ネジ×2、スピーカーパッド(サブウーファー用)×4
実用最大出力 実用最大出力合計値(非同時駆動、JEITA):270W、フロント:90W+90W、フロントトゥイーター:90W+90W、サブウーファー:90W
ARC ARC対応
Bluetooth Bluetooth対応

商品について

映画も音楽も存分に楽しめる2.1chスタンダードサウンドバー
◆スリムなボディに口径60mmのスピーカーユニットを搭載

◆スタンドの低いテレビの前にも画面を隠さずに設置できる薄型フォルム
大ヒットモデル「HT-CT370」で採用した、スピーカーにディフューザーを取り付けて音の拡散特性を向上させるスピーカー構造を踏襲している「HT-CT380」。

エントリー機であっても、デジタルアンプ「S-Master」や「S-Force PROフロントサラウンド」といったソニーの独自技術をたっぷりと投入。ワイヤレスサブウーファーは縦置きだけでなく横置きも可能で、設置性で言えば上位機「HT-CT780」を上回っている。

『ベイマックス』の、ベイマックスを追いかけてヒロがサン・フランソウキョウの雑踏へと踏み出すシーンでは、都市の息遣いを感じるほど。劇場で一度本作を鑑賞した人でも、本機を利用して自宅でもう一度作品を見直すことで、よりいっそう『ベイマックス』の世界へと入り込めること間違いなしだ。

特に「HT-CT380」で素晴らしいのは、包み込まれるような音空間の再現性。ラボのシーンでは、各キャラクターのセリフはもちろんのこと、画面中に散りばめられた音の移動感を見事に作り出す。リアリティは抜群だ。

音移動の余韻、バイクの走行音のような唸る低音などはさすがに上位機「HT-CT780」に一歩譲るものの、本機「HT-CT380」も相当な実力機であることは間違いない。前述したようにサブウーファーを縦・横どちら向きでも設置できるなど、上位機にない特長も持っているので、組み合わせるテレビのサイズや予算に応じてどちらを選ぶか決めるのもよいだろう。

文:折原一也

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

スマホからもらくらくかんたん買取。
ラクウル公式アプリ

ラクウル公式アプリいますぐアプリをダウンロード

  • appストアー
  • google playストアー